読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASUS ZenPad 8.0(Z380M)に搭載されている、DTS Headphone:Xという技術

※2016/07/24 一部修正しました

 

ASUS ZenPad 8.0(Z380M)には、DTS Headphone:X というのが搭載されています。

これ、何?

これは、ざっくり書くと「普通のヘッドホン(左右の2ch)で、まるで前後左右のスピーカーに囲まれているかのような、最大11.1chのサウンドが楽しめる」という技術です。
詳しくは、以下の記事をご覧ください。
本ページは、これらの記事などを私なりに解釈してまとめたものです。
 
この「普通のヘッドホンで」というのがポイントで、普通の5.1chや7.1chの音声データに特殊な処理を施すことで、まるでスピーカーに囲まれて音を聴いているかのように錯覚させる音を、ヘッドホン(左右2つのスピーカー)から鳴らすというものです。
 
ちなみに、ブルーレイ(BD)のソフトの一部では、DTS Headphone:Xの音声データも入っています。 
他の方のブログですが、どう感じるかは人それぞれのようですね。
 
で、普通でないヘッドホンとは、例えば下の機種のような、ヘッドホンが7.1chの音声データを受け取って、その内部で特殊な処理を行って音を鳴らすタイプのことでしょう。
SONY 7.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS7500

SONY 7.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS7500

 
パナソニック 密閉型ワイヤレスヘッドホン ブラック RP-WF7-K

パナソニック 密閉型ワイヤレスヘッドホン ブラック RP-WF7-K

 
安くても15,000円を超えるようで、(私にとっては)なかなか高価なお値段です。
ということで、「DTS Headphone:X」では、普通の安価なヘッドホンでも、耳元ではなく、まるで実際に複数台のスピーカーから音が鳴っているかのように聞こえるようにする、ということが目的です。
さらに、その仮想的なスピーカーの位置を自由に変える(ようにデータ処理する)ことで、より自由な音を再現させることができます。
 
一応、「DTS Headphone:X対応」を謳っているヘッドフォンもあります。

これは、「普通のヘッドホンだけど、音の位置をより再現できるようにチューニングしている」ということです。

体験!

Z380Mでなくても、他のAndroidでも、iPhoneでも、この技術の効果を体験することができます。
以下のサイトのアプリ「Music Live」を使います。
インストール後、アプリを起動して左上の歯車アイコンで設定を開きます。一番上の「サウンドチャンネルチェック」は、前方左右・真横・後方左右に置かれたスピーカーからの音を再現した音が流れます。そしてその下の「DEMO MUSIC」では、サンプル曲が流れます。手拍子とか、ハッとするかも。それ以外は、購入が必要な曲です。
 
それらしく聞こえたでしょうか?
耳に挿入するタイプ(カナル型)のヘッドホンよりも、耳を覆うタイプのヘッドホンの方が分かりやすいかも?
私は、前方左右と真横の違いは感じましたが、後方のは分からなかったかな…。耳かヘッドホンが悪い?電器屋でRP-HX550使って聞いてみたら、なんとなく分かったので、ヘッドホンによる差もあるようです。
 
なぜ普通の(DTS Headphone:Xに対応していると謳っていない)スマホでもこの技術が体験できるかというと、いま鳴らした音声データには動画を作るときに「特殊な処理」を施していることと、(おそらく)アプリでその音声データにさらなる処理をしているからです。
 
DTS Headphone:Xの音声を出力するアプリは、今のところ「Music Live」しか見あたりません。ということで、他のスマホタブレットでは、このアプリで提供する音声しか、DTS Headphone:Xによる7.1chサラウンドが体験できない、ということになります。ちょっと物足りないですね…。
 
そして、Z380MにはDTS Headphone:X が搭載されている、と謳われています。
英語版のASUSのサイト(We'll be back.)には、こう書かれています。
DTS Headphone: X delivers a full 7.1-channel virtual surround sound experience, making all content sound better over any headphones.

つまり、Z380Mのヘッドホン端子から出る音は、全て「DTS Headphone:X」の特殊な処理が施されている、ということのようです(只今問い合わせ中)。

全ての音声に処理されるのなら、思う存分7.1chの音声や映画を楽しめますね!7.1chの音声や動画って、どこにあるんだろう?

(2016/07/24 削除しました)

ASUSに問い合わせたところ、「DTS Headphone:Xのコンテンツでないとダメ」なのだそう。じゃあ、対応と謳ってない他の機種と、どう違うの??というところですね。 

謎は深まるばかりです。取り急ぎ、更新まで。